に投稿 コメントを残す

妊活中に喫煙・お酒(アルコール)・カフェインは摂取してもOK?

タバコ、お酒、カフェイン。「妊活には良くない」って頭ではわかっていても、なかなか止められなかったりしますよね。

「私はお酒飲みながらでも子供できたわよ?」なんて先輩ママから言われたりすると、「そうよね、結局、確率よね」なんて自分を納得させて、また飲んでしまう

分かっちゃいるけどやめられないあなたのために、あらためて「タバコ、お酒、カフェイン。妊活どこまでOK?」なのか調べてみました。

妊娠中の喫煙はリスク大!今後の子育てに備えて早めに喫煙対策を!

結論から言うと、喫煙は真っ黒です。

こればっかりは、今すぐに、やめたほうがいいです。

以下、厚生労働省のサイトから、わかりやすいお話だけピックアップしてみます。

妊婦への負担

タバコの何が悪いって、煙に含まれるニコチンと一酸化炭素が悪いのです。

ニコチンは血管を収縮させるので、赤ちゃんができる子宮や、赤ちゃんのベッドの胎盤に行く血液量が、減ってしまうのです。その結果、妊娠力は当然低下。

た、一酸化炭素は血液の酸素運搬能を低下させるため、運良く妊娠できた後にも、赤ちゃんにこわーい影響が出てきます。

胎児への影響

一酸化炭素は、酸素と強く結びつきます。つまり、タバコを吸っていると、血液の中の酸素が減りますから、お腹の中の赤ちゃんへ渡る酸素が減ります。

その結果、胎盤に異常が出たり、赤ちゃんの成長が抑えられたり、まだ赤ちゃんが成長しきっていないのに破水したりする可能性が、ぐっと上がります。

さらには、生まれた赤ちゃんの呼吸器系が弱く、乳児突然死症候群(SIDS: Sudden Infant Death Syndrome)を引き起こす可能性も上がる、なんてことも…。

妊娠って、人間1人を体の中で作るわけですから、体力に余裕がないとできないもの。

たまたまその一本吸ってる時に、子宮が酸素不足になってって思うと、タバコは本当にやめた方がいいです。

禁煙対策

じゃあ、どうやったら、なるべくストレスなく止めるか。

ニコチンって、取ってるときには脳に快感を与え、やめるとイライラする、中毒性のもの。

実はお医者さんに相談すると、タバコ以外の形で医療用のニコチンを飲み薬、貼り薬でいただけるので、比較的楽に禁煙できるのです!

産婦人科や内科などで対応してくださることが多いので、ぜひかかりつけのお医者さんに相談してみて下さいね。

ちなみに自分でできる事として、ニコレットガムを利用する手もあります。

妊活中のお酒(アルコール)は摂取してOK?禁酒すべき?

続いてお酒に関して。

人種によってお酒への強さは違ったりするので、こちらはものすごく個人差がありそう。

調べてみると、妊婦には悪影響はありませんが、胎児には大きな影響があることがわかりました

妊婦への負担

嬉しいことに、妊娠するまでは、卵子へのアルコールの影響はなさそう。ただし飲みすぎると生理不順が起きやすいので、飲酒は適度に。

この飲み過ぎの定義ですが、厚生労働省の21世紀における国民健康づくり運動「健康日本21」によると、1日当たりのおすすめ純アルコール摂取量は、男性はアルコール40グラム以下、女性は20グラム以下。

20gって、ビール中瓶1本くらい。日本酒1合だと少し飲みすぎなんですって。

また、男性側は過度にお酒を飲みすぎていると勃たない事がありますが、これは神経が酔っているだけなので、酔いが覚めれば元に戻ります。

ただ問題となるのは、実は妊娠していた時!

お腹の中の赤ちゃんは、あなたの血で育っています。その血の中にアルコールが入ってるということは

次の項で詳しく説明しますね。

胎児への影響

妊活中と言うことは、生理の時を除き、いつ赤ちゃんが体の中にいてもおかしくないと思った方がいいですよね?

もしお腹の中に赤ちゃんがいるときに、お酒を飲んでしまうと、赤ちゃんの体の中にお酒が入ることになります。

そうすると赤ちゃんの発達が阻害され、胎児性アルコール症候群(FAS)というものを引き起こす可能性が高まります。

FASとは、目、耳、鼻、口、心臓、腎臓、性器、皮膚、脳などに様々な異常がある胎児で、アルコール依存症の妊婦さんの半数から出生するとされています。

イギリス医師会では「妊娠中あるいは、妊娠を予定している女性にとって、安全な飲酒量はない」と発表したそう。

基本的に、お腹の中に赤ちゃんがいる可能性が少しでもある場合、お酒はNGだと思った方がいいです。

禁酒対策

そんな禁酒対策ですが、今はノンアルコール飲料も色々でているので、禁酒はそんなに大変じゃないと言う声が多いです。

「お酒に合う食べ物を避ける」「早く寝るようにしたら、晩酌もいらなくなったし、ストレスも減ったなどの先輩たちの経験を参考にしながら、妊活中にお酒は控える練習をしていきましょう。

妊活中にカフェインを摂取してもOK?代替案は?

カフェインは、妊活中にはあまりオススメできない飲み物です。

でも!どれくらいまでOKなのか気になりますよね?

調べると国によって違っていますが、まぁだいたい、妊婦を除く健康な大人なら400mg/日以下、妊婦さんは200mg/日以下であれば、問題なさそう。

なので、妊活中は200mg/日以下を目指すと良いかも。200 mgってインスタントコーヒー3杯分位ですから、耐えられそうですよね。

妊婦への負担

カフェインはちょっと変わった成分で、体の末梢血管は拡張させるのに、脳の血管は収縮させるものです。また、利尿作用が大きいことでも知られています。

取りすぎると、頭痛、心拍数の増加、胃痛、吐き気などが出てきます。

利尿作用で子宮が冷えて血行が悪くなるったり、夜にカフェインをとって眠れなくなったりするのは、妊活にも美活にも好ましくないですよね。

胎児への影響

このカフェイン、胎盤を通ってお腹の赤ちゃんへ渡ってしまいます。

胎児は肝臓や代謝機能がまだまだ未発達。カフェインを体の外へ出すことができずに、身体や脳にカフェインがどんどん蓄積されていってしまいます。

そうすると発育障害、発育遅延が起きる可能性が上がるため、特に妊娠中のカフェインの摂取は良くないとされています。

カフェイン摂取量を減らすには

今はスターバックスなどでも、カフェインの少ない、デカフェのコーヒーが頼める時代。

カフェイン摂取量を減らすのは、そう大変ではありません。

紅茶などでも、ルイボスティー含むハーブティーなど、おしゃれなカフェインレスティーがたくさん!

ぜひこの機会に、試してみては?

お腹の赤ちゃんの様子が心配なら新型出生前診断を受けて安心するのもあり

お酒やタバコをする人にとっては、お腹の赤ちゃんが心配ですよね。特に出産前からこれらを辞めたとしても影響が出ないのか心配かと思います。

そのような場合は、血液検査だけで赤ちゃんの異常を検査できる「新型出生前診断(NIPT)」をおすすめします。

とはいえ、安心できるクリニックで受けたいと思いますので個人的には東京にある八重洲セムクリニックをおすすめします。評判もいい感じです。

八重洲セムクリニックの新型出生前診断は、出生前診断歴40年を超える産婦人科専門医がサービスを運営しています。

検査を担当する院長は、国際出生前診断学の会員です。

八重洲セムクリニックの新型出生前診断のまとめサイト(NIPT)

ストレスを溜めず、たまには息抜きを!

以上、タバコ、お酒、カフェインについてまとめてみました。

いずれも控えた方が良いには間違いないんですが、妊活の最大の敵はストレス!

嗜好品を控えすぎて、イライラが溜まるようでは、本末転倒です。

生理中など、お腹の中に絶対に赤ちゃんがいないとわかってる時を利用したりして、息抜きしながら妊活を楽しんで下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です